のぼり旗の制作で重要な4つのポイント

いろいろなのぼり旗を制作する会社がある!


のぼり旗を設置する目的を決める

なぜ、のぼり旗を設置するのかをスタッフ全員で話し合いましょう。

スタッフそれぞれがなんとなく、売り上げが上がる気がする、お客さんの目にとまり来店数が増えそうだから、などバラバラな考えを持っているとうまくいきません。

のぼり旗のデザインや文言、設置場所を考える上で目的の共有は最重要事項と言えます。

のぼり旗を設置して得たい効果(目標)を決める

目的をメンバー全員で共有できたら、次は具体的な目標を決めていきます。

目標はできる限り数値で表せるものが良いでしょう。例えば、二十歳以下の来店数を前月比20%アップさせる、午後2時から5時の売り上げを前年同月比20%アップさせる、というようにできるだけ詳細に決めることをオススメします。

数値で決める理由は、のぼり旗の設置効果の測定がしやすいからです。

のぼり旗をみて欲しいターゲットを決める

のぼり旗をみて欲しい人はどんな人なのかを具体的に話し合ってみましょう。

これは、先に決めておいた目的や目標が大いに役に立ちます。

若年層の来店を増やしたいのなら、さらに掘り下げてどんな人に来て欲しいのかを考えてみるのです。

例えば近くの◯◯大学に通っている女子学生、もしくは20代?30代のおしゃれに敏感なインスタ女子など。目の前にその人が思い浮かぶくらい、具体的に決めるのがオススメです。

ターゲットに合ったのぼり旗を考える

ターゲットが決まったら、その人に刺さるデザインはどんなものかを考えてみます。

例えば近くの女子大学生向けなら、のぼり旗に◯◯大学専用割引と載せるのもいいですよね。

インスタ女子むけなら、インスタ映えしそうなスイーツの写真とおしゃれで可愛らしいデザインののぼり旗を制作すると効果がありそうです。

のぼり旗を制作する時大切なのは、ターゲットを明確にすること

のぼり旗は比較的安価で設置できる販促ツールの一つですが、その効果は大きな可能性を秘めています。効果を最大化する近道は、ターゲットの明確化です。できるだけターゲットを詳細にイメージしてのぼり旗を制作すれば、みた人により響くのぼり旗を制作することができるでしょう。

のぼり旗を設置したら、必ず数値で効果の測定を

のぼり旗が無事完成し、設置した後に必ずやっていただきたいことがあります。

それは目標設定した数値の変化を記録することです。これを行えば、のぼり旗の改善にも役立ちますし、繰り返すことで更なる効果UPを見込めます。