専門店と総合店の違い、のぼり旗制作の注意点

いろいろなのぼり旗を制作する会社がある!


店の種類によって、仕上がりや対応が違うという事実

のぼり旗の制作ならどこに発注しても同じ、大差はない、それなら安いほうがいいとか、近い方がいい、総合ショップのほうが便利などと簡単に考えていませんか?

ところが最近になってハッキリしているのは、口コミなどから“激安店とリーズナブルな価格設定のお店では仕上がりが違う”、“総合ショップに行くよりも、のぼり旗だけの制作なら専門店のほうがいい”という事実です。

口コミ・書き込みによくある不満

・サイトのホームページに記載されていた料金は安かったのに、デザイン料や修正料が加算されて、最終的には高額になってしまった。(激安店への不満/価格)

・いろいろ打ち合わせしたかった。店に行こうとしたら、パソコンから発注フォームを使ってくれと言われてしまった。(総合ショップへの不満/対応)

・専任の担当者がいつも不在だった。同じ説明を一からしたり、修正の意図が伝わらなかったりした。(総合ショップへの不満/対応)

・生地に対する要望を出したら「ウチは常識的に2種類しか扱っていない」と、素人を馬鹿にしたような物言いをされた。(激安ショップへの不満/対応)

・生地が思ったほど良くなかった。サンプルの生地と同じかと聞いたら、明らかに違うのに同じだと返答された。(総合ショップへの不満/品質・対応)

・せっかくデザインしたのに細かな配慮がなく、乱暴な仕上がりだった。抗議したら、「こちらのスケッチどおりにやった」と言い切られた。(総合ショップへの不満/品質)

・印刷の文字が生地に滲んでいた。疑問をぶつけたら、「この程度は良くあることです」と軽くあしらわれた(激安ショップへの不満/品質)

激安ショップ総合ショップとのぼり旗専門店の違い

たとえば激安ショップなどでは、粗悪な生地や安いインクを使っているために、インクが滲んでしまったり、裏地の白抜けがなかったりといったことがよくあります。総合ショップでは、デザイナー不足から、専任という形でデザイナーが付かない場合が多く見受けられます。

そうだから激安ショップが悪い、総合ショップは気をつけろと言うつもりはありません。それぞれにメリットがあり、利用の仕方によって対応も結果も違ってきます。同じ激安店や総合ショップでも、店によって方針は異なり対応は違います。

ただしこれらのショップにくらべると、のぼり旗の制作販売だけに特化した店は、品質と対応力・サービスで勝負してきている店なので、従業員の教育がしっかりしています。専任のデザイナーが付くのも当たり前の店が大半です。

打ち合わせや修正に、回数などの制限がかかることもありません。このように書くと“良いことづくめ”のようですが、クオリティや対応力がいい分、のぼり旗の制作費用としてはそれなりにかかります。

良い悪いという比較の問題ではなく、むしろ旗づくりショップの実状を知って、どの種類・傾向のショップに依頼すべきか、その基礎知識になればと思います。気を付けるべき点は、こうしたことを何も知らずに、ただ単純に注文してしまうことにあるのではないでしょうか。